モデルコース【2日で西部・富士エリアの文化を学ぶ・西部編】

文化が香るまち・磐田(1日目)

  • 9:30~10:15

    1.旧見附学校

    磐田のシンボルともいわれる建造物です。
    明治6年(西暦1873年)8月に宣光寺、省光寺などを仮校舎として開校し、新築工事は、明治7年(西暦1874年)10月に工事着手、翌年1月11日に上棟式を行い8月7日に落成、開校式が挙げられました。現存する日本最古の木造擬洋風小学校校舎で、国の史跡に指定されています。
    ※月曜日休館

    ▼ (車移動15分)

  • 10:30~12:00

    2.磐田市香りの博物館

    国内でも珍しい香りの博物館です。香りの歴史の見学や香水作りが楽しめる博物館です。ご自分に最もふさわしい香りをご自身で調香できます。
    ※月曜日休館

    ▼ (車移動30分)

  • 12:30~14:00

    3.レストハウスしおさい竜洋

    新鮮な地元特産品直売所や入浴施設、海辺のレストランがあり
    太平洋の眺望や買い物、お食事が楽しめる施設です。
    ※木曜日休館

    ▼ (車移動20分)

  • 14:20~16:00

    4.新造形創造館つくるっぺい

    「ものづくり」の世界にさまざまな角度から触れることができる体験型文化施設が「磐田市新造形創造館 つくるっぺい」。工房見学をしたり、ガラスなどを使った体験コーナーをはじめ、本格的なステンドグラス、吹きガラスなどの体験ができます。
    ※月曜日休館

    ▼ (車移動 約2時間)

  • 宿泊

    5.沼津市内宿泊

    沼津市は富士山や駿河湾に囲まれ、周辺には沼津港や沼津港深海水族館などのレジャー施設もあるので、ビジネスはもちろん観光の拠点としても便利です。沼津市には、こだわりの朝食が楽しめるホテルから広々とした客室のホテルまでさまざまなタイプがそろっています。